株式会社三菱総合研究所

プラチナ社会研究会April 01, 2021メディア掲載

プラチナ社会研究会に関する主なメディア掲載情報です。

2021年

掲載日       メディア       タイトル名資料
2021年2月長崎移住支援公式HP「ながさき移住ナビ 」「長崎ワーケーション~地元住民と企業をつなぐ、新しい取り組み~(ワーケーションPR動画①)」トライアル逆参勤交代で訪問した長崎県壱岐市が長崎県のワーケーション特集で紹介されました。 
2021年3月14日日本経済新聞電子版「ワーケーションは定着する? 企業の意識どう変わるか」松田智生主席研究員が逆参勤交代の可能性をコメントしました。 

2020年

掲載日       メディア       タイトル名資料
2020年2月14日「高齢者住宅新聞 2020年2月12日号」(高齢者住宅新聞オンライン)「2020年 日本版CCRCの逆襲 民主導で普及 発想転換を」松田智生主席研究員のインタビューが掲載されました。 
2020年5月3日青山デザインフォーラム(ADF)ウェブマガジン「『明るい逆参勤交代が日本を変える 働き方改革と地方創生の同時実現』」インタビュー」松田智生主席研究員の記事が掲載されました。“A bright reverse shift from Tokyo to local areas for working and habitation will change Japan – Interview with Tomoo Matsuda” 
2020年5月7日事業構想オンラインニュース「都市圏一極集中への疑問 今だから読みたい『逆参勤交代』」「明るい逆参勤交代が日本を変える」が紹介されました。 
2020年5月28日日本経済新聞首都圏版「新型コロナ後の働き方(点照)」松田智生主席研究員のコメントが掲載されました。 
2020年5月31日Infoseekニュース「コロナ後の『ニューノーマル』になるものとは?~テレワークの実態とオンライン接客の『特別感』~」三菱総合研究所で提唱している「逆参勤交代構想」が紹介されました。 
2020年6月「『月刊ガバナンス』2020年6月号」(株式会社ぎょうせい)「リモートワークを地方創生に活かす‐明るい『逆参勤交代』の可能性」(キャリサポ特集:テレワークを使いこなそう!)松田智生主席研究員が寄稿しました。PDF
2020年6月30日読売新聞「生活調べ隊 会社は都心 地方でテレワーク『ふるさとで働き続けたい』『生活の質向上』  
2020年7月11日日本経済新聞「同僚は地方移住 テレワークが変える働き方」松田智生主席研究員のコメントが掲載されました。 
2020年7月22日ハウジングトリビューン・オンライン「ポストコロナ時代の住まいと暮らし 逆参勤交代がトレンドに 住宅事業者はビッグチャンス」松田智生主席研究員のインタビューが掲載されました。 
2020年7月28日一般社団法人生涯活躍のまち推進協議会「『ポスト・コロナ時代の働き方』~三菱総合研究所主席研究員・松田智生さんが山陰地方で講演」 
2020年8月12日北海道新聞「<水曜討論>コロナで注目 地方に住み働く」松田智生主席研究員のインタビューが掲載されました。 
2020年8月26日京都新聞「ふるさと創生職員、京都・京丹後市が募集 副業可能な就労、定住促進へ初の試み」松田智生主席研究員のコメントが掲載されました。 
2020年9月「月刊事業構想 2020年10月号」(事業構想大学院大学出版部)特集「地域で生まれる新産業」『逆参勤交代が拓く1000億市場、ニューツーリズムの未来』松田智生主席研究員が寄稿しました。 
2020年9月「地域人 第61号」(大正大学地域構想研究所)特集「オンラインで 変わる仕事、暮らし、教育」[長崎県壱岐市]関係人口の創出で地域課題の解決に取り組むPDF
2020年9月「週刊エコノミスト 2020年9月29日号」(毎日新聞出版)「働き方改革と地方創生 期間限定型リモートワーク 『逆参勤交代』で地域活性化」松田智生主席研究員が寄稿しました。本寄稿は、エコノミスト・オンライン(2020年10月2日)にも掲載されました。「仕事の効率が低下、イノベーションの機会の減少……リモートワークのデメリットを解消するために、今こそ『逆参勤交代』を」 
2020年10月31日山形新聞「第1部・静かに進む「コロナ移住」(4) ワーケーション誘致」松田智生主席研究員のコメントが紹介されました。 
2020年11月4日SankeiBiz「テレワークを移住の呼び水に 自治体、新幹線代や家改修補助など知恵」松田智生主席研究員のコメントが紹介されました。 
2020年11月7日夕刊フジ「【定年後・自走人生のススメ】期間限定地方勤務でシニア活躍 ゆとりある環境で仕事に集中でき、人材不足に悩む地域の担い手にもなれる」「明るい逆参勤交代が日本を変える」と松田智生主席研究員のインタビューが掲載されました。 
2020年11月27日INTERNET Watch「「ワーケーション」実践意識、個人と企業でギャップ~求められる社内での制度化、企業はどう向き合うべきか?」長野県主催「ワーケーションEXPO@信州」フォーラム&体験会レポート 松田智生主席研究員の講演が掲載されました。 
2020年12月「月刊事業構想 2021年1月号」(事業構想大学院大学出版部)「都市の働き手を地域へ 「明るい逆参勤交代」で目指す関係人口増」松田智生主席研究員のインタビューが掲載されました。 
2020年12月「みらいの働き方インタビュー」(株式会社みらいワークス公式サイト)前編:逆参勤交代ではビジネススクールで学べない地方のリアルな課題に向き合える。後編:ポストコロナ時代、都市部と地方の両方で活躍できる人材が必要。 松田智生主席研究員の記事が掲載されました。 

2019年

掲載日       メディアタイトル名資料
2019年1月22日GLOCAL MISSON Times「ポスト平成の働き方 日本を変える『逆参勤交代構想』/働き方の最前線」松田智生主席研究員のインタビューが掲載されました。
三菱総合研究所・松田智生主席研究員 × 日本人材機構社長・小城武彦
 
2019年5月開志専門職大学「高齢者がプラチナのように輝き続ける社会の実現を目指す。」(2020年開学予定:開志専門職大学 特別講師メッセージ)松田智生主席研究員のインタビューが掲載されました。 
2019年5月14日日本経済新聞電子版「高齢者支援の拠点づくりを 岩手でCCRC協会設立 」松田智生主席研究員が顧問アドバイザーを担当する日本CCRC協会の記事が掲載されました。 
2019年6月17日奄美新聞「伊仙町シンポ」松田智生主席研究員が登壇したシンポジウムが取り上げられました。 
2019年7月23日「週刊エコノミスト 2019年7月23日号」(毎日新聞出版)「賃金は減っても満足度は高い 2030年には130万人台も」奥村隆一主席研究員のコメントが掲載されました。 
2019年7月25日日本経済新聞電子版「上司も部下もいない組織に 大阪の新興企業が挑戦」奥村隆一主席研究員のコメントが掲載されました。 
2019年8月8日東奥日報  
2019年9月「月刊事業構想 2019年9月号」(事業構想大学院大学出版部)特集「地方創生、第2幕へ」『逆参勤交代で関係人口を倍増 地方創生と働き方改革の同時実現』松田智生主席研究員が寄稿しました。 
2019年10月「生涯活躍のまち 第8号」(一般社団法人生涯活躍のまち推進協議会)「“私”が輝くプラチナ社会を目指そう」松田智生主席研究員のインタビュー記事が掲載されました。PDF
2019年10月2日NHK総合「NHK首都圏ネットワーク」松田主席研究員が講師を務める丸の内プラチナ大学・埼玉県秩父市のトライアル逆参勤交代が放映されました。 
2019年10月3日西日本新聞「期間限定で地方移住『逆参勤交代』可能性探り活性化策提案 東京の会社員ら壱岐市を視察」 
2019年10月4日壱岐新聞トライアル逆参勤交代。首都圏から10人が研修。」 
2019年10月17日奈良新聞「シニアが輝く社会へ -奈良シニア大 楽しい『第二の人生』探る/初の一般向けシンポジウム」松田智生主席研究員が登壇したシンポジウムが取り上げられました。 
2019年10月25日日刊工業新聞「中高年層自己啓発 『国の援助』拡大を提言」三菱総合研究所が取りまとめた提言が掲載されました。  
2019年12月4日プレジデントオンライン「転職市場の主役が若者から中高年に変わった訳」奥村隆一主席研究員が寄稿しました。 

2018年

掲載日       メディアタイトル名資料
2018年2月「『月刊ガバナンス』2018年2月号」(株式会社ぎょうせい)「逆参勤交代構想で第二のふるさとづくりを」(特集:関係人口と自治体)松田智生主席研究員が寄稿しました。PDF
2018年2月19日ダイヤモンド・オンライン「地方創生を支える自治体と教育」松田智生主席研究員が「日本版CCRCの可能性」についてコメントしました。 
2018年6月「日本不動産学会誌 Vol.32 No.1(124号)」(公益社団法人日本不動産学会)特集 高齢者の住まい再考【論説】「官主導のCCRC1.0から民主導のCCRC 2.0へ~地方創生政策からライフスタイルビジネスへ~」松田智生主席研究員が寄稿しました。PDF
2018年6月「不動産経済 REE 第104号(日刊不動産経済通信特集号)」(株式会社不動産経済研究所)「これからの不動産市場~課題と展望~人生100年時代の住まい方と働き方~日本版CCRCと逆参勤交代構想の可能性」松田智生主席研究員の講演録が掲載されました。PDF
2018年6月1日日本経済新聞電子版「都市から地方へ『逆参勤交代』 三菱総研・松田氏に聞く」松田智生主席研究員のインタビューが掲載されました。 
2018年7月23日毎日新聞「注目集める『地域限定社員』」松田智生主席研究員のコメントが掲載されました。 
2018年8月3日「一般社団法人 プレハブ建築協会会誌『JPA』 July 2018 VOL.47-264」(一般社団法人 プレハブ建築協会)住宅部会「二地域居住と郊外の新しい暮らし」をテーマにすまい・まちづくりシンポジウム2018を開催。松田智生主席研究員の基調講演「逆参勤交代が変える住まい方・働き方・暮らし方」要旨が掲載されました。PDF
2018年10月「西日本政経懇話会会報誌『政経特報』 2018年10月号」(西日本政経懇話会)ピンチをチャンスに変えるプラチナ社会~生涯活躍のまち構想。松田智生主席研究員の講演要旨が掲載されました。PDF
2018年10月18日NHK総合テレビ「NHKニュースおはよう日本」松田智生主席研究員が出演しました。 
2018年10月25日日本経済新聞 「『生涯活躍のまち』 成功の条件は」松田智生主席研究員がコメントしました。 
2018年11月10日奄美新聞「第1回日本メディカルヴィレッジ学会」松田智生主席研究員が登壇したシンポジウムが取り上げられました。松田氏は、都市部の社員が期間限定で地方で働く「明るい逆参勤交代構想」を提唱。「新たな人の流れをつくって地域が元気になり、地方創生と働き方改革を同時に実現させることができる」と持論を展開した。 
2018年11月11日南海日日新聞 「終末期医療、生涯活躍でシンポ 伊仙町」松田智生主席研究員が登壇したシンポジウムが取り上げられました。松田氏は、パネル討議の統括で「主語は町民。全町民参加の地域づくりが、生涯活躍のまちづくり。一過性のイベントにしないで住民参加のアイデアで高め、徳之島・伊仙の離島モデルを全国へ広める。百の審議会よりも一つの行動を」と強調した。 

2017年

掲載日       メディア        タイトル名資料
2017年1月11日日本経済新聞 朝刊 首都圏版「「都内で移住」も選択肢に 住民参加の取り組み重要」松田主席研究員がコメントしました。「単なるハコモノではいけない」と指摘。町田市での取り組みのように、住民参加型の街づくりの重要性を訴えている。」 
2017年1月16日日本経済新聞 夕刊「都市と地方、両方楽しむ 仕事も生活も2地域で 現役世代 働き方改革が後押し」松田主席研究員がコメントしました。「支援策を加速すべきだ」と言うのは三菱総合研究所プラチナ社会センター主席研究員の松田智生さん。「若手社員を地方で一定期間働かせる『逆参勤交代』を大手企業に実施してもらったり、移住者向けの減税などの優遇策を実施したりしないと広がりに限界がある」と強調する。 
2017年3月地方創生「連携・交流ひろば」「地域づくりは人づくり~ 都市で学んで地域で輝くモデルを構築」松田智生主席研究員のインタビューが掲載されました。 
2017年3月8日日本経済新聞 朝刊「CCRC、元気な高齢者ら移住促す 国が構想推進」松田主席研究員のコメントが掲載されました。 
2017年3月31日八重山日報「1人当たり最高240万円 経済波及効果 市長に石垣版CCRC案答申」 
2017年4月10日「Voice 2017年5月号」(PHP研究所)特別企画【アクティブシニアで地方創生】松田主席研究員のインタビューが掲載されました。PDF
2017年6月「月刊ガバナンス 2017年6月号」(株式会社ぎょうせい)Governance Topics「日本とドイツの自治体首長らが人口動態の変化などについて議論 日独自治体シンポジウム」2017年5月12日開催シンポジウム「地方のポリシーメーカーの挑戦としての人口動態の変化」が紹介されました。 
2017年6月「月刊シニアビジネスマーケット 2017年6月号」(綜合ユニコム株式会社)「日本版CCRCに潜むビジネスチャンスの芽」松田智生主席研究員のインタビューが掲載されました。 
2017年7月17日「日経グローカル No.320」(日本経済新聞社)地域論壇「明るい逆参勤交代のすすめ 地方創生と働き方改革を同時に実現」松田智生主席研究員が寄稿しました。 
2017年7月24日佐賀新聞「海外と国内のアクティブシニアに学ぶ地方創生 シニアが地域を『支える側』に」松田智生主席研究員の講演要旨が掲載されました。PDF
2017年8月2日日本経済新聞「『シェア経済』拡大へ規制緩和を 国交省で初会合」松田智生主席研究員が委員を務めています。 
2017年9月18日日刊工業新聞「社説/“逆参勤交代”‐働き方改革・地方創生の効果検証を」 
2017年9月20日ニュースイッチ/日刊工業新聞「“逆参勤交代”は地方に1000億円の消費を生むの? 18年度からモデル事業、検証結果に注目」 
2017年10月「JIR常陽産研NEWS 2017年10月号」(常陽産業研究所)「『逆参勤交代』で働き方改革と地方創生の両立を」松田智生主席研究員が寄稿しましたPDF
2017年10月5日宮崎日日新聞「宮日女性懇 シニア市場巨大に」松田智生主席研究員の講演が紹介されました。PDF
2017年11月16日NHK総合テレビ「NHKおはよう日本」松田智生主席研究員が出演しました。 
2017年12月2日山形新聞「充実セカンドライフ 『高齢者のまち』注目」最上県勢懇話会で松田智生主席研究員の講演概要が掲載されました。PDF
2017年12月5日日本経済新聞社「仕事ある?不安解消に知恵 後継者公募/企業とマッチング」松田智生主席研究員が逆参勤交代構想でコメントしました。 

2016年

掲載日       メディア        タイトル名資料
2016年2月iRONNA「介護にさせないことで儲ける!超高齢社会で日本は再び輝く」オピニオンサイトiRONNAに松田智生主席研究員のコラムが掲載されました。 
2016年2月25日東奥日報「超高齢化 創るみらい~移住者輝けるかが鍵 自慢できる地域づくりを」松田智生主席研究員のインタビューが掲載されました。PDF
2016年2月28日奄美新聞「東京で伊仙町シンポジウム」 松田智生主席研究員の講演が紹介されました。 
2016年4月4日日本経済新聞社「日経グローカル No.289」松田智生主席研究員の講演録(日経グローカルセミナー 2月定例会)が掲載されました。  「日本版CCRC(生涯活躍のまち)の推進~その課題と展望」 
2016年4月23日BS-TBS「土曜ニュースまるわかり!」『理想郷?姥捨て山?シニアの大移住計画』松田智生主席研究員が出演しました。 
2016年6月2日スカパー557chBusiness Breakthrough Ch「高齢社会・格差社会を乗り切るコミュニティビジネス」『CCRC(継続介護付きリタイアメント・コミュニティ)』松田智生主席研究員が出演しました。 
2016年7月宝島社「田舎暮らしの本 2016年8月号」【「生涯活躍のまち」は地方移住のニュースタイル】松田智生主席研究員のインタビューが掲載されました。 
2016年7月保健・医療・福祉サービス研究会「『Visionと戦略』2016年8月号」特集「21世紀型のコミュニティ再生と2025年に向けたあるべき医療・介護・福祉経営」で松田智生主席研究員の講演が紹介されました。PDF
2016年7月株式会社ぎょうせい「『月刊ガバナンス』2016年7月号」「日本版CCRCをどう進めるか」松田智生主席研究員が寄稿しました。PDF
2016年7月8日NHK総合「特報首都圏」『団地ルネサンス~新たな住まい方の可能性~』 松田智生主席研究員が出演しました。 
2016年9月日本医療企画「医療経営白書 2016-2017年版」「日本版CCRCを視野に入れた経営のすすめ 患者を減らすことで利益を得るという逆転の発想」松田智生主席研究員のインタビューが掲載されました。PDF
2016年9月事業構想大学院大学出版部「月刊事業構想 2016年9月号」日本青年会議所サマーコンファレンス2016レポート
『若手経営者が地方創生を議論 共感を得る持続可能な経済社会へ』松田智生主席研究員が登壇しました。
 
2016年9月29日奄美新聞「伊仙町町おこしへ活発なトーク」丸の内プラチナ大学「ヨソモノ町おこしコース」が紹介され、松田智生主席研究員のコメントが掲載されました。 
2016年10月7日八重山日報「「生涯活躍のまち」目指す シニア層誘致で構想策定へ 石垣市」松田智生主席研究員が政策アドバイザーに任命されました。 
2016年10月14日大分合同新聞「ピンチをチャンスに変える 大分政経懇話会10月例会」松田智生主席研究員の講演が紹介されました。PDF
2016年11月6日南海日日新聞「都心モノが街おこし/丸の内プラチナ大、徳之島訪れ提案」松田主席研究員が講師を務める丸の内プラチナ大学で離島版CCRCを計画する鹿児島県徳之島伊仙町を訪問しました。 
2016年11月6日奄美新聞「丸の内プラチナ大学 徳之島で交流」松田智生主席研究員が講師を務めるヨソモノ街おこしコースで視察を行いました。 

2015年

掲載日       メディア        タイトル名資料
2015年1月30日建通新聞「日本版CCRC実現へ 三菱総研と日米不動産協力機構が政策提言」PDF
2015年2月日本医療企画「「クリニックばんぶう」2015年2月号」松田智生主席研究員のインタビューが掲載されました。PDF
2015年3月29日産経新聞「産経新聞主催『ソナエキスポ』シンポジウム開催 地方移住から始まるアクティブライフ」PDF
2015年4月3日NHK福岡「特報フロンティア」 松田智生主席研究員が出演しました。 
2015年4月15日BSフジ「BSフジLIVE プライムニュース」地方創生・日本版CCRC特集に松田智生主席研究員が出演しました。 
2015年4月18日日本テレビ「ウェークアップ!ぷらす」松田智生主席研究員が日本版CCRCでコメントしました。 
2015年5月『月刊福祉』2015年5月号(社会福祉法人全国社会福祉協議会) 松田智生主席研究員の論文が掲載されました。PDF
2015年5月4日日本経済新聞社 産業地域研究所「日経グローカル No.267」 松田智生主席研究員のインタビューが掲載されました。 「『日本版CCRC』の推進を 人口減・高齢化対策に有効」PDF
2015年6月株式会社ぎょうせい「『月刊ガバナンス』2015年6月号」2015年度第1回プラチナ社会研究会総会が掲載されました。PDF
2015年6月17日NHK総合テレビ「高齢者移住で地方活性化 “プラチナタウン構想”」に松田智生主席研究員が出演しました。 
2015年6月20日NHK総合テレビ「週刊 ニュース深読み」「あふれる”介護難民” あなたは移住できますか?」松田智生主席研究員が出演しました。 
2015年7月保健・医療・福祉サービス研究会「『Visionと戦略』2015年8月号」巻頭インタビューに松田智生主席研究員が掲載されました。PDF
2015年7月24日シルバー新報「日本版CCRC 高齢者『受け手』から『支え手』に 地方、大都市の課題解決に」松田智生主席研究員のインタビューが掲載されました。PDF
2015年9月公益社団法人日本不動産学会「日本不動産学会誌 Vol.29 No.2(113号)」  「日本版CCRCの可能性~地方創生を支える組合せ型ビジネス」 松田智生主席研究員が寄稿しました。PDF
2015年9月5日株式会社不動産経済研究所「不動産経済ファンドレビュー No.369」 松田智生主席研究員のコメントが掲載されました。PDF
2015年9月25日産経ニュース「【討論】高齢者の地方移住について是か非か」松田智生主席研究員のインタビューが掲載されました。 
2015年10月株式会社法研「『月刊介護保険 』2015年10月号 No.236」【特集 生涯活躍のまち(日本版CCRC)構想の可能性】に松田智生主席研究員のインタビューが掲載されました。「要介護にしないことがビジネスになる逆転の発想で」PDF
2015年10月20日株式会社ウェッジ「Wedge 2015年11月号」地方移住特集に松田智生主席研究員のインタビューが掲載されました。「年賀状に書きたくなるストーリー 高いハードルが人を惹きつける」PDF
2015年11月事業構想大学院大学「月刊事業構想 2015年12月号」「日本版CCRCがひらく新市場 元気なシニアの移住で地域を活性」 松田智生主席研究員のインタビューが掲載されました。 
2015年12月綜合ユニコム株式会社「月刊シニアビジネスマーケット 2015年12月号」 【シニアビジネスマーケット特別シンポジウム2015・ダイジェスト】「東京都版CCRCへの期待~ストック活用による街まるごとCCRC」松田智生主席研究員の基調講演が掲載されました。PDF
2015年12月11日TBS「Nスタ」松田智生主席研究員が政府の日本版CCRC構想有識者会議の最終報告についてコメントしました。 
2015年12月15日NHK四国 NEWS WEB「CCRC検討へセミナー」松田智生主席研究員の講演が紹介されました。 
2015年12月16日愛媛新聞「高齢者地方移住 生かし方考える 松山でセミナー」松田智生主席研究員の講演が紹介されました。 

2014年

掲載日       メディア        タイトル名資料
2014年2月(株)日本医療企画)(2014年2月号「ヘルストゥデイ」テーマ:「”きょうよう”と”きょういく”を意識した移住を考えてみよう」松田主席研究員のコメント「用事や行く場所も特にないスローライフは1週間で飽きる。移住で大切なのは、”きょうよう=今日用”と”きょういく=今日行く”。最初から長期移住でなく、短期移住を繰り返す方がスムーズに移住できる」PDF
2014年3月「研究開発リーダー2014年3月号」(技術情報協会)松田主席研究員が寄稿しました。PDF
2014年5月エコッツェリア協会「プラチナの国・ジパングとして再び輝く日本へ」松田主席研究員のインタビューが紹介されました。少子高齢化による人口減少社会への突入を迎え、課題先進国となった日本。しかし、この難しい局面をチャンスととらえ、課題解決先進国・日本の実現へのチャレンジが行われている。人を動かし、新産業を創り出すことで持続可能な社会システムを確立しようという、三菱総研の松田氏に「プラチナ社会研究会」の内容と次のアクションを起こすために必要なヒントなどをうかがった。 
2014年6月宣伝会議「人間会議 2014年夏号」松田主席研究員が寄稿しました 
2014年9月資産経営情報誌 Let’s Plaza9月号「三井不動産グループの資産経営情報誌 Let’s Plaza9月号」 松田智生主席研究員のインタビュー記事が掲載されました。PDF
2014年11月大丸有CSRレポート2014「大丸有サステイナブルビジョンに寄せて(策定委員会から) 松田主席研究員が掲載されました。PDF
2014年12月リクルートグループ報 月刊かもめ「ルーティン業務の一歩先の仕掛けを。永遠の狩猟民族たれ」松田主席研究員のリクルート考が掲載されました。PDF
2014年12月21日BS-TBS「まるわかり!ニュース深掘り『夢のセカンド・ライフ』」 松田智生主席研究員が出演しました 

2013年

掲載日       メディア        タイトル名資料
2013年2月4日BSジャパン「NIKKEI×BS LIVE 7PM 『人生を豊かにする老後の住まい~“終の棲家”最新事情』」 
2013年6月16日NHK総合NHK「サキどり」 あこがれの暮らしが格安で実現!”プチ移住”。松田智生主席研究員が出演しました 
2013年7月18日SUUMOジャーナル「高齢者が働き、学び、いきいき暮らせる『プラチナ社会構想』って何?」 (松田主席研究員) 
2013年9月名古屋都市センター「アーバン・アドバンス」特集:老いと向き合う都市(2013.09_No.61)特集テーマ論文「多世代交流型CCRC~アクティブシニアによる新たな地域活性化」PDF
2013年11月2日NHK総合「NHKスペシャル シリーズ日本新生『熟年サバイバル~年金減額時代を生きる~』」松田智生主席研究員が出演しました 
2013年秋季刊 個人金融 2013秋「プラチナ社会のライフスタイル~多世代交流型コミュニティの可能性」PDF

2012年

掲載日       メディア        タイトル名資料
2012年3月8日信濃毎日新聞「世界健康首都会議報告 「健康寿命延伸都市」を未来の地域モデルに」PDF
2012年5月ダイヤニュースNo.69「海外に学ぶアクティブシニアのライフスタイル」PDF
2012年5月15日高齢者住宅新聞「欧州に学ぶ脱・無縁社会への挑戦」PDF
2012年5月24日日刊建設工業新聞シンクタンクレポート「継続的なケアを提供する高齢者コミュニティ」PDF
2012年6月15日高齢者住宅新聞「欧州に学ぶ脱・無縁社会への挑戦~第二回フランスの世代間同居」PDF
2012年7月15日高齢者住宅新聞「CCRCビジネスを研究~三菱総研、専門分科会を立ち上げ」PDF
2012年7月15日高齢者住宅新聞「欧州に学ぶ脱・無縁社会への挑戦 最終回 フランスの隣人祭り~社会のつながりで「隣人」を再評価~」(PDF

2011年

掲載日       メディア        タイトル名資料
2011年4月5日   高齢者住宅新聞連載:海外に学ぶアクティブシニアの住まい 「第一回 リタイアメント・コミュニティ~リタイア生活を満喫する街」PDF
2011年5月5日高齢者住宅新聞連載:海外に学ぶアクティブシニアの住まい 「第二回 ゴルフ三昧の老後にご用心!~知的刺激が老化を防ぐ~」 PDF
2011年6月5日高齢者住宅新聞連載:海外に学ぶアクティブシニアの住まい 「第三回 平均年齢84歳、入居率98%の大学連携型リタイアメント・コミュニティ」PDF
2011年7月5日高齢者住宅新聞連載:海外に学ぶアクティブシニアの住まい 「第四回 元気シニアのライフスタイルとは ~過去を語らず今を語る~」PDF
2011年8月5日高齢者住宅新聞連載:海外に学ぶアクティブシニアの住まい 「第五回 コミュニティ運営の成功要因は ~居住者そのものが資産~」 PDF
2011年9月16日      高齢者住宅新聞連載:海外に学ぶアクティブシニアの住まい 「最終回 日本への示唆 ~内なる意識改革と四方一両得~」PDF

2010年

掲載日       メディア       タイトル名資料
2010年4月  日本証券新聞2010年4月16日 「プラチナチップ~環境・高齢化・需要不足を解決する新産業銘柄」PDF
  • Twitter
  • Facebook