株式会社三菱総合研究所

連携研究会August 27, 2021ヘルスケアイノベーション研究会

目的

株式会社三菱総合研究所(以下、当社)では、来るべき「健康情報化社会」を見据え、健康・医療・介護を含むヘルスケアデータの流通・活用を促進し、社会的潮流を創造する目的で2019年7月10日にプラチナ社会研究会ヘルスケアイノベーション協議会(以下、協議会)を設立しました。協議会は、2040年頃の未来を見据えたデータ起点のヘルスケアビジネス(Data Driven Healthcare)実現に向けた提言書 を2020年3月に発表、さらにコロナ禍におけるデジタル化の進展を踏まえた「患者中心の治験」を実現するバーチャル治験普及に向けた提言書 を2021年2月に発表する等、会員企業・自治体とともに積極的な活動を行ってまいりました。

2021年4月、課題解決先進国を掲げ10年にわたり変革を提言してきた「プラチナ社会研究会」を「未来共創イニシアティブ(ICF)」へとリニューアルしたことにともない、協議会を新たに「ヘルスケアイノベーション研究会」(以下、研究会)と発展させ、ヘルスケアイノベーション創出への活動を加速化いたします。ヘルスケア分野でのイノベーション創出に日々取り組まれている企業、自治体等の皆様におかれましては是非ご参加くださいますようお願い申し上げます。

スケジュール

ヘルスケアイノベーション研究会 2021年度キックオフセミナー(2021年9月22日)
『拡大するヘルスケア分野の新たな潮流~ウェルビーイングの実現という新たな評価軸~』
※後続プログラム企画中

(旧:ヘルスケアイノベーション協議会の活動実績)
2020年3月発表
データ起点のヘルスケアビジネス(Data Driven Healthcare)提言書
『くらしと健康が「つながる」日本の実現を目指して』
<概要版> <詳細版>

2021年3月発表
バーチャル治験普及に向けた提言書
『「患者中心の治験」の実現 -日常生活からの医薬品・医療機器・再生医療等製品開発-』
<提言書>

参加をお勧めしたい皆さま

○ヘルスケアビジネスへの参画を行っている/参画を望んでいる民間企業(業種は不問)

  • 民間企業の場合は、原則として新規事業検討を行うミッションを有した部署の方を想定しています
  • 民間企業については、次のような機会を得たいと考えている企業様の参画をお待ちしています。
    • 自社で新規ビジネスを考えており、他の企業や研究機関、自治体等を巻き込みたい
    • 他社が実施する新規ビジネスにアライアンス先として関わりたい
    • 実証フィールドとなりうる研究機関や学会、自治体などと連携し、データを活用しながら製品・サービスを開発・検証したい
    • ビジネス展開における制度上の課題を解決するための政策提言を行いたい

○自治体、大学等の研究機関


現在、未来共創イニシアティブの会員でない方でご入会を検討の方はこちらをご覧ください。

本研究会に関するお問い合わせ

三菱総合研究所 ヘルスケアイノベーション研究会事務局 担当:森・倉渕
E-mail: health-innovation@ml.mri.co.jp

※本サイトに掲載された情報を下記で使用することを禁止します。
 複製、改変、アップロード、掲示、送信、頒布、ライセンス、販売、出版等

  • Twitter
  • Facebook