株式会社三菱総合研究所

連携研究会October 01, 2021万博みらい研究会

目的・概要

2025年開催の国際博覧会(大阪・関西万博)事業の成功と、地域、企業、ベンチャー、研究機関などとの共創による未来社会の提案、万博事業を契機とした社会課題解決型ビジネスの実現、パートナーシップの促進を目的とし、三菱総合研究所が事務局となり2019年3月に組成いたしました。
2021年9月現在、約90社・団体が参加。 

活動

情報発信やイベント開催、提案・提言活動を行っております。
取り組みに賛同していただけるメンバーと連携し、大阪・関西万博開催に向けた課題や、未来社会で実践すべきテーマについて、構想づくりや具体化にも取り組んで参ります。
また、「TEAM EXPO 2025」プログラム/共創パートナー(2021年2月登録)として、共創チャレンジの創出・支援活動を行っております。

活動実績例

時期 内容
2019年3月4日第1回万博みらい研究会 
• 基調講演➀「未来社会の実験場としての大阪・関西万博」
 三菱総合研究所 執行役員 営業本部長 中村 秀治
• 基調講演②「万博×SDGsの取り組みを通じた社会課題解決」 
 三菱総合研究所 常務研究理事 研究開発部門長 大石 善啓
• テーマ別ディスカッション:ICT・ビジネスモデル、ライフサイエンス、
 フードビジネス、環境・エネルギー・水、関西・まちづくり・モビリティ 他
2019年3月~8月テーマ別ワークショップ
ICT・ビジネスモデル、ライフサイエンス、フードビジネス、
環境・エネルギー・水、関西・まちづくり・モビリティ
2019年5月27日第2回万博みらい研究会 
• 基調講演「いのち輝く未来社会に向けて ポスト万博の課題」
 三菱総合研究所 常務研究理事 村上 清明
• 中間報告:活動方向と全体の整理/各テーマ報告
 三菱総合研究所 西日本営業本部長 兼 万博推進室長 高橋 朋幸
各テーマリーダー
• 「今後のとりまとめに向けて」
 三菱総合研究所 研究理事 亀井 信一 
2019年9月5日第3回万博みらい研究会
• 基調講演「大阪におけるスーパーシティのあり方」
 大阪商工会議所 産業部長 槇山 愛湖 様
• 活動報告:研究会とりまとめ報告の概要と今後の方針
 三菱総合研究所 西日本営業本部長 兼 万博推進室長 高橋 朋幸
• テーマ別ワークショップとりまとめ報告
2020年1月20日第4回万博みらい研究会
• 基調講演「未来社会構想2050」
 三菱総合研究所 政策・経済研究センター 木根原 良樹
• 活動報告:研究会活動・万博関連トピックス・PLL促進会議対応
 三菱総合研究所 西日本営業本部長 兼 万博推進室長 高橋 朋幸
• テーマ別報告・ディスカッション
2020年8月4日第5回万博みらい研究会
• 「フェーズ2の活動について」
 三菱総合研究所 西日本営業本部長 兼 万博推進室長 高橋 朋幸 
• 「大阪・関西万博 動向」
 三菱総合研究所 地域創生事業本部 兼 万博推進室 魚路 学
• 「ポストコロナ社会の行方」
 三菱総合研究所 執行役員営業本部長 中村 秀治 他
2020年8月~9月万博テーマ「いのち」について考えるワークショップ
2020年12月~
2021年3月
大阪府「万博×環境 未来を描こうプロジェクト」コラボイベント
2021年3月4日第6回万博みらい研究会
• 基調講演「2025年大阪・関西万博の基本計画」について
 公益財団法人2025年日本国際博覧会協会理事・副事務総長 森 清 様
• 活動報告:今後の活動案内 
 三菱総合研究所 西日本営業本部長 兼 万博推進室長 高橋 朋幸
2021年4月~8月バーチャル万博具体化ワークショップ
2021年10月22日第7回万博みらい研究会開催予定

その他の活動
・会員誌の発行:万博みらい研Times

提案・提言実績

万博みらい研究会のご紹介 ~フェーズ1の成果とフェーズ2の展開~

2019年3月のキックオフから9月までの「フェーズ1」について、テーマ別ワークショップの活動を中心として成果と、フェーズ2の活動について情報発信。

●公益社団法人2025年日本国際博覧会協会People’s Living Lab促進会議への提案(2020年3月)

テーマ別ワークショップの成果の一部を、アイデア提案テーマ(1)会場設計、(2)環境エネルギー、(3)移動・モビリティ、(4)情報通信・データに提案

●「大阪・関西万博に関する認知度・関心度調査」実施(2021年5月)

全国の20-60歳代の男女を対象としたWEBアンケート調査を実施し、認知・関心向上に向けた対応について提案。今後、定期的に独自調査を実施し、全国の大阪・関西万博に関する認知度・関心度等の変化やその要因を分析し、考察を行う予定。
2025年大阪・関西万博 認知度約8割 関心度は約3割期待の高い食・自動翻訳の取り組みを強化し、関心の喚起を | 三菱総合研究所(MRI)

申込要領

対象者 万博事業に関心があり、万博事業に関連する具体的な取り組みやプロジェクトを検討したい官公庁、研究機関、関係団体、民間企業
参加費用無料
お申込み方法下記申込フォームより、必要事項を入力のうえお申し込みください。
お問合せ先株式会社三菱総合研究所 万博推進室 
万博みらい研究会事務局 
担当:奥野・今村・水嶋
Email: osaka-expo@ml.mri.co.jp


  • Twitter
  • Facebook